天理大學

  1. HOME
  2. ニュース?トピックス
  3. 収入減少の大學生が地域の受験生を指導 「天理まなび支え合い塾」開講
 【地域連攜】

収入減少の大學生が地域の受験生を指導 「天理まなび支え合い塾」開講

11月1日、受験を控えた中學3年生に大學生が勉強を教える「天理まなび支え合い塾」が開講しました。昨年から始まった「天理まなび支え合い塾」は、コロナ禍の臨時休校によって學習に不安のある中學3年の受験生とアルバイト収入が減少した大學生を支援する天理市の事業です。天理市と連攜協定を結ぶ天理大學からも多くの學生が參加し、指導員として活躍しています。

市內在住か市內に通學する大學生を天理市が指導員として雇用し、中學生の放課後學習をサポートする「天理まなび支え合い塾」。今年度は約70名の中學3年生が參加し、月に8回、天理市民會館と天理駅南団體待合所で大學生による1対1または1対2の學習指導を受けています。
約40名の指導員のうち、天理大學生は12名。天理市まなび推進課擔當者からは「天理大學の學生はチームワークが良く、周囲と連攜しながら主體的に行動してくれるので心強い」との聲が寄せられています。

11月中旬、天理駅南団體待合所では座席の間隔を開け、マスクとフェイスシールド姿で指導にあたる大學生の姿が見られました。
山口晴加さん(體育3年?東大谷)は昨年に続き二度目の參加。今年は運営擔當として指導員と生徒の出欠管理や授業準備なども行っています。教員志望の山口さんはコロナ禍で子どもたちと接する機會が減ったことから「天理まなび支え合い塾」に応募したと言います。
「勉強を教える場ができて、大學生活と両立できるだけの報酬をいただけるのはありがたいです。中學生の勉強をサポートすることで、いつもお世話になっている天理市に少しでも貢獻できればと思います」

山口さんが受け持つ生徒は「苦手な英語もわかりやすく教えてもらえるのが嬉しい。勉強以外の話もできる優しい先生です」と話します。

吉田龍史郎さん(臨床心理2年?本莊)も同じく2年連続の參加で運営も擔當。教育関連のアルバイトを探していた昨年、キャンパス內の掲示で知ったのが「天理まなび支え合い塾」でした。
「コロナの感染拡大でアルバイトの不採用が続きましたが、ここでようやく教育に攜わる機會を得られました。教える経験を通して、自分自身も成長することができています」

「天理まなび支え合い塾」は來年2月まで開講予定です。コロナ禍で生まれた“新たな支え合い”。天理大學の學生たちは今後も志望校合格を目指す中學生に寄り添っていきます。

クラブ?サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演?講演情報?教職員の新刊案內

シラバスを見る

情報ライブラリー

學術情報リポジトリ

iCAFé_

附屬天理図書館

附屬天理參考館

附屬おやさと研究所

學校法人天理大學

天理大學の自己點検?評価活動

寄付のご案內

このページの先頭へ
草蜢社区在线观看免费下载