天理大學

  1. HOME
  2. ニュース?トピックス
  3. 天理AIR事業の參加者が歴史文化學科學生にインタビュー
 【歴史文化學科考古學?民俗學研究コース】

天理AIR事業の參加者が歴史文化學科學生にインタビュー

天理市が進めている「アーティスト?イン?レジデンスプログラム」(AIR)の招聘アーティスト、倉谷卓(くらやたかし)さんが、12月6日、天理大學を訪れ、作品制作のアイディアを得るため、歴史文化學科考古學?民俗學研究コースの學生にインタビューを行いました。

天理AIR事業は、市內にアーティストが滯在し作品を制作することで、新たな創造の拠點をつくろうというもの。今年度の招聘アーティストとして招かれたのは、山形県酒田市出身の倉谷卓(くらやたかし)さん。近年は、千葉県松戸市を拠點として、寫真を主に使った現代アートを手がけており、今年10月1日から天理市內に滯在して、作品制作のためのリサーチを始めています。

「天理市內の古墳群」を作品のモチーフにしようと考えている倉谷さんは、作品制作のヒントを得ようと、考古學?民俗學研究コースの學生にインタビューを行いました。

インタビューに応じた學生らは、天理市內の古墳をはじめとする、考古學?民俗學に関する自身の學びの體験について熱心に答えました。また倉谷さんから「いちばん好きな古墳は?」といった具體的な質問に対して詳細に答えるなど、積極的な姿勢で協力しました。倉谷さんのインタビューは、學生にとっても自らの學びを見つめ直し、客観的に説明する機會を得た貴重な経験となりました。

小田木治太郎教授コメント

倉谷さんの手からどのような作品が生まれ、今回の出會いがどのように作品に活かされるのか、學生たちも楽しみにしています。來年1月、天理本通り商店街內の「Art-Space TARN」で成果展覧會が開かれるとのことですので、學生たちと鑑賞させていただこうと思っています。

クラブ?サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演?講演情報?教職員の新刊案內

シラバスを見る

情報ライブラリー

學術情報リポジトリ

iCAFé_

附屬天理図書館

附屬天理參考館

附屬おやさと研究所

學校法人天理大學

天理大學の自己點検?評価活動

寄付のご案內

このページの先頭へ
草蜢社区在线观看免费下载