天理大學

國際學部教員?研究者情報

外國語學科中國語専攻

準教授 今井 淳雄(イマイ アツオ) Imai Atsuo
電子メール:
imai
このページを印刷

基本情報

學位 修士(國際學) 宇都宮大學大學院(2007年3月)
博士(國際學) 宇都宮大學大學院(2015年3月)
擔當科目 基礎ゼミナール<3中國> 中國語A(文法)<2コマ登録> 中國語B(文法)<2コマ登録> 中國語D(読解)<2コマ登録> 実踐中國語A 近現代中國と國際政治1 近現代中國と國際政治2 中國語演習3<C> 中國語演習4<C>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 市民社會論(中國?臺灣地域研究)、NPO/NGO論
現在の研究課題 中國?臺灣における民間非営利組織と中國の慈善思想との連続性?非連続性について
所屬學會名 日本現代中國學會、天理臺灣學會、日本臺灣學會、臺灣史研究會、日本NPO學會、日本公益學會、日本地方政治學會?日本地域政治學會、中國語教育學會、日本社會関係學會
経歴 1.學歴
1999年4月~2003年3月 天理大學國際文化學部中國學科
2001年2月~2002年1月 首都経済貿易大學(中國北京市)留學
2005年4月~2007年3月 宇都宮大學大學院國際學研究科國際交流研究専攻修士課程
2009年4月~2015年3月 宇都宮大學大學院國際學研究科國際學研究専攻博士後期課程

2.職歴
2007年4月~2011年3月 (財)かながわ國際交流財団湘南國際村學術研究センター 専門員
2012年4月~2015年3月 天理大學 非常勤講師
2013年4月~2015年3月 東大阪大學こども學部アジアこども學科 助教
2015年4月~2020年3月 天理大學 講師
2020年4月~現在    天理大學 準教授

研究活動詳細

著書

  • 「官民連動」による國際救援活動—慈済會の東日本大震災支援を事例として  (単著),東方出版、『経営と宗教—メタ理念の諸相』,222頁~253頁(計32頁) 2014年03月

論文

  • 天理外國語學校崑崙會誌『崑崙』に関する書誌學的検討 (単著),天理大學年史編集室、『天理大學史研究紀要』第1號,47~76頁(計15頁) 2021年03月31日
  • 臺灣における民間非営利組織の制度改革に関する一考察—「財団法人法」を中心として (単著),天理大學中國文化研究會、『中國文化研究』第35號,25~54頁(30頁) 2019年03月
  • 日本における臺灣「市民社會」の伸張と受容—仏教系民間非営利組織を事例として (単著),日本臺灣學會、『日本臺灣學會報』第20號,104~125頁(計22頁) 2018年07月
  • (実踐報告)大學中國語教育における絵本読み聞かせ活動の試み (共著),日本中國語教育學會、『中國語教育』第16號,169~192頁(共同研究につき本人擔當部分抽出不可能) 2018年03月
  • 中國における民間非営利組織の歴史的変遷と制度改革—「慈善法」を中心として (単著),『ASIA—社會?経済?文化—』第3號(2016)、東大阪大學アジアこども學科,1~27頁(計27頁) 2017年03月
  • 香港の民間非営利組織の歴史と「中國的市民社會」の関連性についての一考察 (単著),天理大學中國文化研究會、『中國文化研究』第32號,27~53頁(計27頁) 2016年03月
  • 中國?臺灣における「市民社會」に関する研究—「官民連動」という視角から (単著),宇都宮大學大學院國際學研究科博士論文,1~208頁(計208頁) 2015年03月
  • 中國の民間非営利組織による「官民連動」と慈善活動—北京市仁愛慈善基金會を事例として (単著),天理大學中國文化研究會、『中國文化研究』第30號,91頁~112頁(計22頁) 2014年03月
  • 中國における民間非営利組織の発展と「中國的市民社會」の可能性についての一考察 (単著),日本公益學會、『公益學研究』第12巻第1號,59頁~68頁(計10頁) 2012年08月
  • 中國の公益財団と伝統思想の関連性についての考察—「非公募基金會」を事例として (単著),天理大學地域文化研究センター、『アゴラ』第9號,113頁~125頁(計13頁) 2012年03月
  • 中國の非営利団體による教育支援の歴史と展望—「基金會」事業を事例として (単著),天理大學地域文化研究センター、『アゴラ』第5號,91頁~138頁(計48頁)  2007年12月

その他

  • 第5章「教育の國際化」構想報告 (単著),天理大學百年史編集委員會『「自校史教育」の充実の関する基礎的研究 研究成果報告』,28~29頁(計2頁) 2020年03月31日
  • 第5章「教育の國際化」構想報告 (単獨),天理大學百年史シンポジウム 大學史編纂の課題—2025年『天理大白百年史』刊行に向けて— 2019年12月23日
  • ソフトパワーとしての中國語ースピーチコンテストの視角からー (単著),天理大學外國語學科、外國語學科フォーラム講演會抄録(Ⅱ(2018)),5~15頁(計11頁) 2018年03月22日
  • ポスター発表:大學中國語教育における「絵本読み聞かせ」學習活動モデルの構築—「思考力」、「語學力」、「シティズンシップ」を養うために (共同発表),中國語教育學會第15回全國大會 2017年06月04日
  • 口頭発表:日本における臺灣「市民社會」の伸張と受容—NPO法人國際ブリアーの活動を事例として (単獨),?本臺灣學會第19回學術?會第12分科會(法學?社會學) 2017年05月27日
  • 口頭発表:「官民連動」という視角から見る中國?臺灣市民社會—仏教系NGOを事例として (単獨),天理大學中國文化研究會 2015年05月26日
  • 口頭発表:中國のNGO活動から見る「市民社會」—北京市仁愛慈善基金會を事例として (単獨),天理大學中國文化研究會 2013年12月16日
  • 口頭発表:臺灣市民社會と「官民連動の空間」の関連性についての一考察 (単獨),日本臺灣學會第10回関西部會研究大會第3セクション 2013年01月27日
  • 口頭発表:中國における「非公募基金會」についての一考察 (単獨),日本地方政治學會?日本地域政治學會第1回設立研究全國大會海外?國內地域研究パネル 2011年11月19日
  • 口頭発表:近年の中國非営利組織研究の趨勢と課題—分類分析の立場から (単獨),2011年(第12回)日本公益學會研究大會若手研究者セッション第2セッション 2011年10月01日

教育活動詳細

作成した教科書、教材、參考書

  • 三上貴教編『映畫で學ぶ國際関係Ⅱ』法律文化社、2013年5月のうち、「ラストエンペラー—最後の皇帝の転身と近代中國」(18頁~21頁)、「さらば、わが愛 覇王別姫—政治?文化に翻弄された『伝統」京劇』」(72頁~75頁 )を執筆。  2013年05月

學會?社會活動等

一般活動

  •  奈良県立高取國際高等學校學校運営協議會委員 2021年07月01日-現在まで
  •  日本臺灣學會幹事(第10期、第11期) 2017年06月-2021年05月
  •  特定非営利活動法人東大阪日本語教室理事 2017年05月-現在まで
  •  天理臺灣學會理事 2015年06月-現在まで
このページの先頭へ
草蜢社区在线观看免费下载