天理大學

文學部教員?研究者情報

歴史文化學科歴史學研究コース

準教授 小暮実徳(コグレ ミノリ)
電子メール:
mkogure
このページを印刷

基本情報

學位 博士(人文學)オランダ國ライデン大學
擔當科目 歴史學概論 歴史學研究入門1 文化交流史の研究2 西洋近代史料の講読3 西洋近代史料の講読4 西洋近代史演習1 西洋近代史演習2 卒業論文演習1<秋學期末成績発表> 卒業論文演習2 歴史文化基礎演習<A><2019年度以降入學生> 西洋史要説<2019年度以降入學生> 國際政治史の研究<2019年度以降入學生>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 19世紀中葉の歐米列強によるアジア戦略
現在の研究課題 19世紀中葉の歐米列強によるアジア戦略とそのネットワーク形成過程の解明
所屬學會名 日本西洋史學會
経歴 1993年明治大學文學部史學地理學科西洋史専攻卒業
1995年明治大學大學院文學研究科史學専攻博士前期課程修了
1998年明治大學大學院政治経済學研究科政治學専攻博士後期課程単位取得満期退學
2008年オランダ國ライデン大學博士號取得(人文學)

研究活動詳細

著書

  • 『東西海上交流の起源—オランダと海國日本の黎明』 (単著),彩流社 2017年02月
  • 『幕末期のオランダ対日外交政策-「國家的名聲と実益」への挑戦』 (単著),彩流社,368ページ  2015年02月
  • 『江戸時代來日外國人人名事典』 (共著),東京堂出版,pp.52-56、pp.64-65、pp.66-67、pp.68-75、pp.76-84、pp.85-86、pp.142-211 2011年09月
  • National Prestige and Economic Interest - Dutch diplomacy towards Japan 1850‐1863 (単著),Shaker Publishing 2008年09月
  • 『海外?人づくりハンドブック オランダ:技術指導から生活?異文化體験まで』 (共著),財団法人海外職業訓練協會,pp.11-31 .pp.45-66 2005年03月
  • 『オランダ日本開國論』新異國叢書第III輯?第9巻 (単著),雄松堂出版 2004年08月

論文

  • 「ヴィルヘルム二世の個人的統治」への一考察?“大宰相”ビスマルク失腳を中心にして?  (単著),天理大學學報(第249編),pp.29-59 2018年10月
  • Some Answers to Questions Regarding Neêrlands Streven (1867) : A study of Dutch diplomacy towards Japan at the end of the Tokugawa Era  (単著),天理大學學報 (第246編),pp.43-56 2017年12月08日
  • 幕末期オランダ対日外交政策における蘭領東インドの役割‐インドネシア國立文書館(ANRI)現地調査に基づく蘭領東インド総務局文書の検討から (単著),天理大學學報(第237 編),pp.35-50 2014年10月
  • オランダ的外交政策‐19世紀中葉アメリカ合衆國ペリー司令官による日本遠征に対して (単著),天理大學學報(第235編),pp.29-50 2014年02月
  • The Motives for Perry's Expedition to Japan Re-examined - Based on a study in the archives of the Department of the Navy and the Department of State in the National Archives of the United States (単著),130th Anniversary of the Founding of Meiji University Commemoration Project,pp.17-42 2012年03月
  • ペリー日本遠征の再検討とその真意‐アメリカ合衆國國立公文書館國務省?海軍省ファイルに含まれる未公刊関係史料の検討から (単著),明治大學創立130周年記念事業教學記念事業分科會研究者シンポジウム人文科學系報告書,pp.3-16 2012年03月
  • シェイス著『オランダ日本開國論』付屬資料II「オランダ海軍日本分遣隊の歴史」 (単著),洋學研究史『一滴』(津山洋學資料館紀要)19號,pp.1-85 2011年12月
  • シェイス著『オランダ日本開國論』付屬資料III「『ペリー提督日本遠征記』への反論」とその考察-幕末期のアジアにおける歐米列強の國際関係を背景として (単著),洋學研究史『一滴』(津山洋學資料館紀要)17號,pp.19-38 2009年12月
  • 浦安はじめ関東における測量家としてのI.A. リンドの活動に関する史料-「ご飯にお茶-リンド日本書簡集」から (共著),Journal of Hospitality and Tourism 5號,pp.25-38 2009年12月
  • 明治初期お雇い外國人I.A.リンドの日本國內旅行 -『ご飯にお茶-リンド日本書簡集』から-  (共著),Journal of Hospitality and Tourism 4號,pp.24-36 2008年12月
  • オランダ國民の日本用件への関心(1853-63)-主にロッテルダム新聞に掲載された日本関係の記事に注目して- (単著),三宅立先生退職記念論文集,pp.151-195 2008年01月
  • 明治初期における日本人のホスピタリティ‐近代日本治水事業の恩人、お雇外國人リンドの書簡集を材料に‐ (共著),Journal of Hospitality and Tourism 3號,pp.26-40 2007年12月
  • オランダ対日積極外交政策の終焉-日米修好通商條約前後の日蘭関係 (単著),駿臺史學119號,pp.65-95 2003年08月
  • 國家的名聲と実益-幕末期のオランダ対日外交政策への一視點 (単著),駿臺史學114號,pp.83-122 2002年02月
  • 幕末オランダ対日外交政策の一視點-『オランダ日本開國論』の手書原稿から考察した (単著),洋學研究史『一滴』(津山洋學資料館紀要)8號,pp.65-84 2000年10月
  • 幕末期のオランダ対日外交の可能性—オランダの対外政策の基本姿勢を理解して— (単著),日蘭學會會誌47號,pp.47-67 2000年10月
  • ファン?デル?シェイスの『オランダ日本開國論』の成立事情—未公開目次を含む— (単著),洋學8號,pp.95-113 1999年03月
  • ファン?デル?シェイスの『オランダ日本開國論』—その書誌的説明と本書の1852年までの問題點への検討— (単著),日蘭學會會誌42號,pp.79-93 1997年03月
  • 幕末オランダ対日外交政策に関する諸前提—植民地規定に関するイギリス?オランダのロンドン條約を中心にして— (単著),洋學6號,pp.117-140 1997年03月

その他

  • 人文科學的手法に基づく歴史実証研究の重要性ーアメリカ合衆國による日本開國を巡って (単著),『史文』第21號 天理大學史文會,pp.37-40 2019年03月19日
  • 「戦爭なしの開國」を支えたオランダ (単著),2017年文藝春秋スペシャル秋號(2017年8月),pp.90-96 2017年08月
  • オランダ人技術者リンド兄弟 (単著),『日蘭學會通信』第134號,pp.4-5 2010年12月
  • 海外短訊「インドネシア短期研究滯在を充実させるために‐インドネシア國立文書館(ANRI)における調査を例にして」 (単著),『広島東洋史學報』14號,pp.98-104 2009年12月
  • 書評「松方冬子著『オランダ風説書と近世日本』 (単著),『歴史學研究』No.841,pp.64-66 2008年06月
  • 幕末期のオランダの対日外交政策-オランダの植民省文書の分析による西歐列強のアジア政策を背景として (単著), 日蘭交流400年記念シンポジウム『江戸時代の日本とオランダ』(洋學史學會記念シンポジウム実行委員會,pp. 82-90 2001年03月
  • 書評「巖下哲典著『幕末日本の情報活動-「開國」の情報史-』 (単著),『洋學史通信』15號,pp.18-21 2000年08月
  • オランダ國立文書館におけるオランダ植民省日本関係文書の狀況とその検索方法 (単著),『日蘭學會通信』82號,pp.8-9 1998年07月

學會?社會活動等

講演?公開講座等

  • 高等研究所セミナーシリーズ 【新しい世界史像の可能性】 公開講演會: 「幕末期のオランダ対日外交政策」 早稲田大學 高等研究所,早稲田大學 戸山キャンパス 39號館 6階 第7會議室 2018年01月20日
  • 「東西海上交流の起源」 ─オランダと海國日本の黎明─ ライデン大學東京事務所,ライデン大學東京事務所內會議室 2017年06月30日
  • タウンゼント?ハリス書簡集から理解されるハリス外交 奈良歴史研究會,奈良市ならまちセンター 2015年10月29日
  • オランダ史概観ならびにペリー來航と幕末外交 ライデン大學東京事務所(秋の特別講座2014),ライデン大學東京事務所 2014年10月12日
  • オランダ的外交政策-19世紀中葉アメリカ合衆國ペリー司令官による日本遠征に対して 史文會,天理大學 2014年05月11日
  • ペリー司令官日本遠征の真意-アメリカ合衆國國立公文書館所有原文書による新解釈 津山洋學資料館(第69 回 文化講演會),津山洋學資料館 2014年04月19日
  • 幕末期における日本とオランダ 奈良歴史研究會 ,奈良女子大學 2013年07月13日
  • 19 世紀中葉の歐米列強によるアジア戦略とそのネットワーク形成過程の解明 日本西洋史學會 ,京都大學 2013年05月12日
  • Dutch Diplomacy towards Japan in the mid-nineteenth century ライデン大學東京支部(ライデン大學東京支部開設記念シンポジウム),國際文化會館 2012年11月20日
  • ペリー日本遠征の再検討とその真意‐アメリカ合衆國國立公文書館國務省?海軍省ファイルに含まれる未公刊関係史料の検討から 明治大學創立130周年記念事業教學記念事業分科會研究者シンポジウム,明治大學 2011年11月
  • はじめてのオランダ語 明海大學オープンカレッジ講師,明海大學 2009年05月-2009年06月
  • 幕末期のオランダの対日外交政策-オランダの植民省文書の分析による西歐列強のアジア政策を背景として 洋學史學會,東京大學 2000年10月22日
  • オランダの対アジア政策-幕末期の対日問題を中心に 明治大學リバティアカデミー,明治大學 2000年10月

受賞

  • 明治大學創立130周年記念懸賞論文人文科學分野最優秀賞 明治大學 2011年06月

外部資金による研究?活動等

  • 19世紀を中心とした軍事的學知をめぐる人と書物の交錯 基盤研究(A) 研究代表者 谷口 眞子 2019年04月01日-現在まで
  • 西歐“文明國”のエチケット - 政治的対立國との外地実利的共生 科學研究費基金基盤研究C 2015年04月01日-2019年03月31日
  • 19世紀中葉の歐米列強によるアジア戦略とそのネットワーク形成過程の解明 科學研究費補助金基盤研究C 2012年04月01日-2015年03月31日
  • 19世紀中葉の日蘭交渉史 科學研究費補助金若手研究A 2009年04月01日-2012年03月31日
  • Dutch-Japanese relations in the 1840s-1860s period Stichting Isaac Alfred Ailion Foundation 2006年11月-2007年06月
  • 19世紀中葉のオランダ対アジア外交政策(1850-70)-日本問題を中心にして 日本學術振興會特別研究員 2003年04月01日-2006年03月31日
  • Dutch-Japanese Diplomatic Relations in the late Tokugawa era  Stichting Isaac Alfred Ailion Foundation 2001年03月-2003年03月
  • Dutch-Japanese Diplomatic Relations in the late Tokugawa era  Canon Foundation in Europe 1999年01月-1999年12月
  • 幕末期のオランダ対日外交政策 オランダ國費留學生 1997年09月-1998年06月
このページの先頭へ
草蜢社区在线观看免费下载