天理大學

國際學部教員?研究者情報

地域文化學科アジア?オセアニア研究コース

教授 中純子(ナカ ジュンコ) NAKA Junko
このページを印刷

基本情報

學位 文學修士(1989.3)東京大學大學院
擔當科目 基礎ゼミナール<3地域 8> 東アジア地域研究入門<A> 中國文學概論1 中國文學概論2 表現文化演習1 表現文化演習2 表現文化演習3 表現文化演習4 宗教と蕓能<2019年度以降入學生><秋期集中> アジア表現文化概論<2019年度以降入學生> 中國語演習<B><2019年度以降入學生> アジア表現文化特論<2019年度以降入學生>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 中國文學?中國文化
現在の研究課題 唐代音楽と文學の関わりについて 白居易の文學
所屬學會名 京都大學中國文學會?東京大學中國學會?日本中國學會?東方學會?中唐文學會
メッセージ アジアの文化に興味がある人がここに來てくれることを期待しています。授業では中國や日本を中心にした音楽文化や絵畫や庭園蕓術からお化け論まで、幅ひろく、アジアに興味をもってもらえることを用意しています。それはみなさんにアジアの文化について多面的に捉えてほしいと思っているからと、自分なりに興味を持ち深く勉強してみようと思えるものを一つ見つけてもらいたいからです。ここで學んだみなさんが、アジア地域を深く理解し、それを拠點にして、日本とアジアの人々をつなぐ架け橋になってくださることを願っています。

研究活動詳細

著書

  • 『唐宋音楽文化論ー詩文が織り成す音の世界』 (単著),知泉書館 2020年10月15日
  • 詩人と音楽 ー記録された唐代の音ー (単著),知泉書館 2008年11月15日
  • 中國音楽の泉 (単著),グローカル新書 9 2008年07月26日

論文

  • 霓裳羽衣曲の幻ー唐?宋音楽をむすぶ架け橋としての白居易 (単著),勉誠出版『白居易研究年報』第20號,35頁 2020年09月30日
  • 唐代開元における禮楽の完成 (単著),天理大學學報252輯,26頁 2019年10月
  • 唐詩における日常の音—定式からの解放 (単著),天理大學學報 第二四六輯,18頁 2017年10月
  • 蘇軾における日常の音 (単著),中國文學報 第八八冊 2017年03月
  • 詩賦が織り成す中國音楽世界ー洞簫という楽器をめぐって (単著),『アジア遊學  中國の音楽文化 三千年の歴史と理論』,68頁~87頁 2016年09月
  • 蘇軾と音楽ー黃州流謫期における音楽への思索 (単著), 橄欖 第20號,103頁~121頁 2016年03月15日
  • 唐宋期の古楽復興ー古楽にまつわる言説から見えるもの (単著),中國社會文化學會『中國ー社會と文化』第28號,98?117頁 2013年07月31日
  • 唐代中晩期における蜀の音楽文化ー長安との交流を軸として (単著),『日本中國學會報』第64集,99?112頁 2012年10月08日
  • 風に運ばれる音ー李白の詩にみえる音楽のイメージ (単著),『中國文學報』第七十九冊 京都大學文學部,1?24頁 2010年04月
  • 北宋期における唐代音楽像 (単著),天理大學學報 第214輯,1頁?15頁 2007年02月
  • 涼州詞と涼州曲-唐代邊塞音楽管見 (単著),『中國文學報』第72冊 京都大學文學部,25頁?53頁 2006年10月
  • 隋唐時期の醫書にみえる出産観-家の継承と女性 (単著),『ジェンダーからみた中國の家と女』 東方書店,3頁?20頁 2004年02月
  • 白居易の音へのこだわり-白詩にみる音の世界 (単著),『白居易研究年報』第4號 勉誠出版,35頁?56頁 2003年09月
  • 音の傳承-唐代における樂譜と樂人 (単著),中國文學報 第六十二冊,50頁?74頁 2001年04月
  • 天理図書館蔵『明樂唱號』-江戸時代における明楽の伝承 (単著),ビブリア 第114號 天理大學出版部,86頁?101頁 2000年10月18日
  • 詩は人口に在り-地方における白詩の傳播 (単著),興膳教授退官記念 中國文學論集 汲古書院,431頁?444頁 2000年03月18日
  • 中唐の集賢院-中唐詩人にとっての宮中蔵書 (単著),『東方學』第96輯 1998年07月
  • 法曲攷-唐代宮廷音楽史への一考察 (単著),『天理大學學報』第184輯 1997年03月
  • 中唐宮詞攷-王建宮詞の魅力 (単著),『天理大學學報』第180輯 1995年10月
  • 唐代音楽研究資料としての白詩の再考 (単著),『白居易研究講座』第五巻 勉誠社 1994年09月
  • 楽と文人社會-白居易の琴をめぐって (単著),『天理大學學報』第175輯 1994年02月
  • 白居易と詞-洛陽履道里における江南の再現 (単著),『白居易研究講座』第一巻 勉誠社 1993年06月
  • 填詞への目覚め-白居易杭州刺史時期の文學的意義 (単著),『中國文學報』第45冊 1992年10月

その他

  • 王維と宮廷音楽 (単著),明治書院『新釈漢文大系 王維?孟浩然』季報,2頁 2020年10月20日
  • 『太平広記』楽部訳注稿(7) (共著),天理大學中國文化研究會『中國文化研究』第36號,157?169頁 2020年03月31日
  • 翻訳:張永江「清代における蒙蔵活仏の転生をめぐって」 (単著),天理大學中國文化研究會『中國文化研究』第36號,39?60頁 2020年03月31日
  • 學會発表:霓裳羽衣曲の幻ー唐?宋音楽をむすぶ架け橋としての白居易 (単獨),第三十回 中唐文學會大會 2019年10月11日
  • 『太平広記』楽部訳注稿(6) (共著),天理大學中國文化研究會『中國文化研究』第35號,55~76 2019年03月31日
  • 『太平広記』楽部訳注稿(5) (共著),天理大學中國文化研究會『中國文化研究』第34號,18頁 2018年03月31日
  • 『太平広記』楽部訳注稿(4) (共著),天理大學中國文化研究會『中國文化研究』第33號,27頁 2017年03月
  • 『太平広記』楽部訳注稿(3) (共著),天理大學中國文化研究會『中國文化研究』第32號,133頁~146頁 2016年03月31日
  • 書評:中木愛著『白居易の幸福世界』ー幸福な古典研究のありかたー (単著),勉誠社『白居易研究年報』第16號,329~345頁 2015年12月25日
  • 學會発表:「中國における音の怪ー『太平広記』を手懸りとして」 (単獨),東方學會 シンポジウムⅠ 2015年11月06日
  • 翻訳:楊永智「色あざやかな紮糊の前で七娘を祝う」 (共著),天理大學附屬天理參考館『天理參考館報』第28號,5頁~16頁 2015年10月26日
  • 「白詩に聴く雲和?阮咸の響き」 (単著),明治書院『新釈漢文大系』季報,2頁 2015年09月
  • 『太平広記』楽部訳注稿(2) (共著),天理大學中國文化研究會『中國文化研究』第31號,31~46頁 2015年03月31日
  • 翻訳:東南アジアと國際関係 (単著),天理大學中國文化研究會『中國文化研究』第31號,57~75頁 2015年03月31日
  • 『太平広記』楽部訳注稿(1) (共著),天理大學中國文化研究會『中國文化研究』第30號,128~131頁 2014年03月31日
  • 唐代音楽の物語伝承研究初探 (単著),天理大學中國文化研究會『中國文化研究』第29號,61?69頁 2013年03月31日
  • 文革音楽の研究動向 (単著),中國文化研究  第28號 ,29-38頁 2012年03月26日
  • 唐宋音楽を繋ぐもの (単著),山川出版社『歴史と地理』世界史の研究228 №646,53?56頁 2011年08月
  • 隋唐宮廷音楽史試探(4)-中晩唐期の宮廷音楽 (単著),天理大學『中國文化研究』第27號,19?25頁 2011年03月
  • 新?中國學のヒント「中國古典音楽と文學」 (単著),『東方』350號,2頁 2010年04月
  • 隋唐宮廷音楽史試探(3)玄宗皇帝期の宮廷音楽 (単著),天理大學中國文化研究會『中國文化研究』26號,7頁 2010年03月31日
  • 唐代における琴文化の成熟 (単著),勉誠出版『アジア遊學ー琴の文化史{東アジアの音風景}』,5頁 2009年09月30日
  • 隋唐宮廷音楽史試探(2)唐代初期の宮廷音楽 (単著),天理大學中國文化研究會,8頁 2009年03月31日
  • 事典:中國の音楽 (単著),弘文堂『歴史學事典』,101?104頁 2008年06月15日
  • 隋唐宮廷音楽史試探(1) 隋代宮廷音楽 (単著),天理大學國際文化學部アジア學科中國語コース研究室,7頁 2008年03月26日
  • 陳暘『楽書』の研究(3) (単著),中國文化研究 第23號 天理大學國際文化學部アジア學科中國語コース研究室,19頁 2007年03月26日
  • 報告書:陳暘『楽書』の研究 (共著),平成16?18年度科學研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書,94頁 2007年03月
  • 口頭発表:盛唐邊塞詩と音楽 (単獨),京都大學「中國文學會」第21回例會 2006年07月29日
  • 研究ノート:陳暘『楽書』の研究(2) (単著),中國文化研究 第22號 天理大學國際文化學部アジア學科中國語コース,14頁 2006年03月26日
  • 口頭発表:論宋代以李白為詞之鼻祖説法通行的原因 (単獨),中國宋代文學學會第四屆年會?宋代文學國際學術研討會 (於 中國?杭州市) 2005年09月11日
  • 口頭発表:李白と盛唐音楽 楽府と詞のはざまで (単獨),大阪市立大學文化交流センター シンポジウム「中國古典音楽と文學」 2005年07月09日
  • 研究ノート:陳暘『楽書』の研究(1) (単著),中國文化研究 第21號 天理大學國際文化學部アジア學科中國語コース研究室,20頁 2005年03月26日
  • 『中國女性史入門—女たちの今と昔』 (共著),人文書院,2頁 2005年03月20日
  • 口頭発表:唐宋音楽の斷層-『新唐書』「禮楽志」にみえる唐代音楽像- (単獨),日本中國學會第56回大會 (於 二松學舎大學) 2004年10月10日
  • 報告書:宋代文獻資料による唐代音楽の研究 (共著),平成14?15年度科學研究費補助金基盤研究(c)研究成果報告書 2004年03月
  • 研究:宋代に伝承された唐代音楽-王灼『碧鶏漫志』が語るもの (単著),中國文化研究 第20號 天理大學國際文化學部中國學科研究室,47頁?58頁 2004年03月
  • 研究:王灼『碧鶏漫志』小考 (単著),中國文化研究 第19號 天理大學國際文化學部中國學科研究室,91頁?95頁 2003年03月15日
  • 翻訳:『日本における中國伝統文化』 (共著),勉誠出版,112頁?126頁、232頁?244頁翻訳 2002年03月30日
  • 報告書:『唐代音楽の文獻學的研究』 (共著),平成13年度科學研究費による研究成果報告書,50頁?108頁 2002年03月
  • 翻訳:日本における中國典籍 日本における中國民俗 (単著),『日本における中國伝統文化』勉誠出版 2002年03月
  • 紹介:『六朝詩人群像』 (共著),大修館書店,26頁?31頁 2001年12月01日
  • 書評:ケイ康-能く雅琴を盡くすは唯だ至人のみ (単著),あじあブックス『六朝詩人群像』大修館書店 2001年12月
  • 訳注:段安節『楽府雑録』訳注稿(三) (単著),中國文化研究 第18號 天理大學國際文化學部中國學科研究室,115頁?127頁 2001年10月31日
  • 事典:『中國思想文化事典』 (共著),東京大學出版會,448頁?451頁 2001年07月05日
  • 書評:楽-楽と文人社會 (単著),『中國思想文化事典』東京大學出版會 2001年07月
  • 六朝詩人傳 (共著),大修館書店,総頁數1038頁中 38頁を擔當 2000年11月10日
  • 書評:「ケイ康」「謝恵連」「陳後主」 (単著),『六朝詩人伝』大修館書店 2000年11月
  • 訳注:段安節『楽府雑録』訳注稿(二) (単著),中國文化研究 第17號 天理大學國際文化學部中國學科研究室,33頁?44頁 2000年03月26日
  • 研究ノート:中國近代音楽教育と女性-音楽創作者としての女性の登場 (単著),『女性史學』第8號 女性史総合研究會 1998年07月
  • 研究ノート:ひのきしんの教えと実踐 (単著),おやさと研究所 伝道參考シリーズ『天理教の布教伝道』 1997年06月
  • 研究ノート:「儒教とは何か」をめぐって-日?中儒教研究の現況 (単著),おやさと研究所『研究報告會報』第11 1996年11月
  • 書評:詞の揺藍としての唐代酒令の探究-王小盾『唐代酒令蕓術』 (単著),『東方』第174 1995年09月
  • 翻訳:李沢厚著『中國の伝統美學』(共訳) (単著),平凡社 1995年06月
  • 研究ノート:戦時下の中國大陸おけおる天理教伝道 (単著),おやさと研究所『研究報告會報』第9 1994年10月

學會?社會活動等

講演?公開講座等

  • 唐代音楽史への招待   天理大學アジア學への招待,天理大學國際文化學部 2006年06月10日
  • 「音楽と心の関わりについて-中國の古代音楽理論書『楽記』を読む」  平成15年度第5回「天理大學公開講座」,天理大學 2003年12月13日

受賞

  • 第12回「蘆北賞」受賞  (財)橋本循記念會  2002年11月

外部資金による研究?活動等

  • 陳暘『楽書』の研究 科學研究費補助金:基盤研究(C) 2004年-2006年
  • 宋代文獻資料による唐代音楽の研究 科學研究費補助金:基盤研究(C) 2002年-2003年
このページの先頭へ
草蜢社区在线观看免费下载