天理大學

中國語専攻

研究室だより

2021.07.21

朱鵬教授の教育と研究の足跡をたどる

2020年9月に65歳で逝去された朱鵬教授を偲ぶ、2021年度第一回中國文化研究會公開研究會「朱鵬教授の教育と研究の足跡をたどる」が、7月13日、オンライン開催で実施されました。 1992年著任…

記事の続きを読む

2021.07.13

社會的包摂を重視した臺灣の新型コロナウイルス感染癥対策

今井 淳雄 準教授(國際學部外國語學科中國語専攻:市民社會論(中國?臺灣地域研究)、NPO/NGO論) 臺灣は2021年5月上旬まで、諸外國が國內の新型コロナウイルスの感染拡大で苦しむなか、その…

記事の続きを読む

2021.07.06

中國語専攻が保証人対象オンライン懇談會を開催

天理大學國際學部外國語學科中國語専攻は、6月26日午後、Zoomのミーティング機能を用いて、中國語専攻學生の保証人を対象にしたオンライン懇談會を開催しました。 例年は6月、ふるさと會総會開催日の…

記事の続きを読む

2013.12.16

《研究室だより》第5回公開研究會を開催

12月16日、今井淳雄氏(東大阪大學 助教)に、「中國のNGO活動からみる「市民社會」—北京市仁愛慈善基金會を事例として」というテーマで講演いた だいた。中國では1978 年に始まる「改革…

記事の続きを読む

2013.11.27

《研究室だより》第4回公開研究會を開催

11月27日、山本和行氏(人間學部 総合教育研究センター 講 師)に、「植民地臺灣への教育勅語の「導入」と「受容」-學校儀式に著目して」というテーマで講演いただいた。明治期の日本にとって、対外戦爭を…

記事の続きを読む

2013.10.23

《研究室だより》第3回公開研究會を開催

10月23日、関本克良氏(國際學部 地域文化研究センター 講 師)に、「中國の障害者政策—中國障害者事業」というテーマで講演いただいた。中國社會において障害者がどのように位置づけられ、ど…

記事の続きを読む

2013.09.24

《研究室だより》中國文化研究會公開講演會開催

 去る9月24日、「臺灣原住民族作家はいかにして物語を書くか—長編小説作家、アオヴィニ?カドゥスガヌとパタイの場合」と題して、公開講演會が第一會議室で開催されました。 講演者は原住民…

記事の続きを読む

2013.06.24

研究室だより|中國文化研究會企畫シンポジウム開催

 去る6月24日、「唐の文化と日本」と題して、中國文化研究會2013年度第1回公開研究會の企畫シンポジ ウムが開催されました。パネリストは音楽文化に関しては中純子が「『太平広記』の音楽伝承物語」と…

記事の続きを読む

2013.03.31

《研究室だより》『中國文化研究第29號』発行のお知らせ

 2013年3月31日に天理學中國文化研究會から『中國文化研究第29號』が発行されました。…

記事の続きを読む

2012.06.04

中國語専攻|研究室だより|中國文化研究會

 去る6月4日(月)、アメリカプリンストン大學東アジア學部教授、同中國語部主任の周質平(Chih-p’ing Chou)氏が來學され、「アメリカにおける外國語教育事情—中國語…

記事の続きを読む

2012.04.24

《研究室だより》中國文化研究會を開催

 去る4月24日に、研究棟第2會議室において、中國國家清史編纂委員會常務副主任卜鍵氏、中國人民大學歴史學院清史研究所教授張永江氏、同教授劉文鵬氏 をお招きし、ワークショップ「中國の清史編纂事業」と題し…

記事の続きを読む

イベント

2019.07.07

國際シンポジウム
「2019清史研究の現在」を開催します

中國では、紀伝體通史の形式で明までの二十四史がつくられてきました。清朝については、民國期に『清史稿』としてまとめられましたが、時代の影響もあって、「稿」として今日に至っています。 2002年、中國の人…

記事の続きを読む

2017.01.25

2016年度 中國語コンテスト凱旋報告會(一般參加可能)

2016年度中國語コンテスト凱旋報告會(主催:中國語専攻)を開催します。 2016年度、中國語専攻の學生が各種中國語コンテストで大活躍しました。5人の受賞者が究極の技を披露します。 みなさんのご參…

記事の続きを読む

クラブ?サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演?講演情報?教職員の新刊案內

シラバスを見る

情報ライブラリー

學術情報リポジトリ

iCAFé_

附屬天理図書館

附屬天理參考館

附屬おやさと研究所

學校法人天理大學

天理大學の自己點検?評価活動

寄付のご案內

このページの先頭へ
草蜢社区在线观看免费下载